投稿

物忘れが多いときのサプリ

認知症というのは、記憶力や思考力の低下によって日常生活にも支障をきたすような状態をいうそうです。加齢による物忘れというのは、年齢とともに人の名前が思い出せないとか、モノの置き場所を忘れたりすることだそうです。誰でも記憶力は低下するということです。認知症というのは日時や場所がわからなくなったり、食事をしたことを忘れたりすることだそうです。認知症にもタイプがあるそうです。アルツハイマー型認知症というのは最も多いそうです。脳血管性認知症やレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあるそうです。認知症を根本的に治す決定的な治療薬はないそうです。予防や認知症の前段階での早期発見が重要だそうです。軽度であれば、症状を改善することも十分可能だそうです。糖尿病や高血圧、脂質異常症の人は認知症リスクは2倍ともいわれているそうです。生活習慣病の改善は認知症予防ともいえるようです。認知症の予防や改善に期待されているのが、クルクミンというものがあるそうです。クルクミンは細胞レベルでアルツハイマー型の原因となるアミロイドβペプチドを取り除く作用があるそうです。認知症の原因となる動脈硬化や脳梗塞を予防するナットウキナーゼ、脳の血流を改善するのはイチョウ葉エキスやレシチンだそうです。脳機能を高めるDHAなどをとることも有効だそうです。サプリでもDHAやクルクミン、イチョウ葉エキス、レシチンというものが出ているようです。「アミロイドβペプチド」や「タウタンパク質」などの異常なタンパク質が脳に蓄積して神経細胞の働きが低下することが認知症の原因と考えられているそうです。サプリなどで除去できたり予防できるのであれば助かりますね。

「サプリメントと正しく付き合う」TOP